attrip:


マグニチュード6の地震が発生したカリフォルニア州のナパ市の「地震から一夜明けた様子」
"しかし、かねてからこの店が中国当局のハニートラップの拠点とみていた警察庁は、
自衛隊への工作活動が活発化している恐れがあると判断。

中国人女性と何らかの関係がある自衛隊員の洗い出しを全国の都道府県警に指示した。

そうしたなか浮かび上がったのが、横須賀基地所属の護衛艦勤務の二等海曹だった。
この二等海曹の妻は中国人で、2005年に他人名義の旅券で日本に入国。横須賀市内の
風俗店で働いていたときに二等海曹と知り合った。

神奈川県警は入管難民法違反容疑で自宅を捜索。押収したハードディスクを解析して
出てきたのが、イージスシステムの情報だったというわけです」(同前)
"

公安関係者 「外国人妻を持つ自衛隊員は数百人に上る」中国から日本に帰化した防衛大学生も|保守速報 (via 774rider)

(via tkashiwagi)

"桃太郎は思ったね。それ、最高。今どきいないじゃない。団子で命張れるやつって。"

もしも矢沢永吉が桃太郎を朗読したら - ナナオクプリーズ (via kotoripiyopiyo)

(via tkashiwagi)

boobsinmotion:

Visit Boobs in Motion for more!

boobsinmotion:

Visit Boobs in Motion for more!

(via sukoyaka)

"例えば、最近、保育園や幼稚園の子どもたちが、
ままごと遊びをするとき、親の役割をやりたがらなくなっていることを、
「多くの人に知っていただきたいと思います」と言う。
(以下、このP.52~の話を要約する)

かつては、女の子ならみんな、お母さん役を、しかも自分のお母さんというよりは、
友達のお母さんや親せきのおばさんなど、自分が「いいな」と思ったお母さんを寄せ集めながら
ままごと遊びでいろいろなお母さん役を演じていたらしい。

しかし今ではお母さん役を嫌がり、無理に引き受けさせると演じるお母さんというのは
遊んでいる間、指示や命令ばかりしているらしい。
そういうお母さんは嫌だから、お母さん役を引き受けないのも当然なのだと。
特に衝撃的だったのは、お母さん役は「しない」し、ままごと遊びをするなら
「お母さんが死んじゃった家の遊びにするんだから」という子までいたという。

対するお父さん役は、さほど引き受けるのは嫌がりはしないものの、
いきなり寝転がって「ビールもってきて。ナイター見てるの」というのだとか。
「ゴルフに行ってきまーす」と、いきなりいなくなっておしまい、という子も。

では、人気の役はというと、犬や猫などのペットだという。
親が子どもに愛情をかけるより、自分がいやされるために
犬や猫などのペットをかわいがっていることを子どもが肌で感じている表れらしいと。 

著者はこう語る。
「お父さんの存在感が希薄になると、家庭のなかから父性が消えるのかといいますと、
それはまちがいなのです。じつは、母なるもののほうが消えるのです。
そして、あえていうと、疑似的な父性原理を、お母さんが代わりに発揮してしまいます。
ですから、ままごと遊びでお母さん役を演じると、指示や命令ばかりしてしまうのです」

                            (以上、要約)"

ままごとで母親役をしたがらない子どもたち|こどもと出直すオトナの人生 (via cokeraita)

(via omoro)

makisuke:

深田恭子「ゲーテ」秘書特集でセクシー秘書に
bgnori:

https://twitter.com/spdkm/status/503170671347007488 昔のドリフを観てるんですが、酔っ払いの視界を再現するために全てのセットを敢えてゆがませて作ってあって最高です。 pic.twitter.com/sB84oZ5JyE
 これはみたいね.

bgnori:

https://twitter.com/spdkm/status/503170671347007488
昔のドリフを観てるんですが、酔っ払いの視界を再現するために全てのセットを敢えてゆがませて作ってあって最高です。 pic.twitter.com/sB84oZ5JyE


これはみたいね.

(via omoro)

719043:

Gun turret No.4 from IJN Nagato-class battleship Mutsu.

(Source: nightmare-of-solomon, via shibats)

"

日本人が優しいのは遺伝子に原因があったのではないか


だから、多くの国で、自分の友人や親族の誰かが殺された経験を持っている。

女性も、殴られたり、レイプされたりする率は非常に高い。その殺され方も日本人が見ると、想像できないほどの残虐性である。だから、多くの外国人女性が日本にやってきて、日本の治安の良さに驚嘆する。

「いったい、日本はなぜこんなに治安が良いのか?」

日本がこれほどまで治安が良いのは、いろいろな説があるが、端的に言えば、日本人が穏やかで優しい民族だからである。

では、なぜ日本人は穏やかで優しいのか。

日本人は文化や風習や自制心によって、その優しさを磨いてきたという説もあった。

最近になって、日本人が優しいのは遺伝子に原因があったのではないかという説が有力視されつつある。

1996年11月、オーストリアのザルツブルク大学の科学者が、「セロトニントランスポーター遺伝子」というものを発見した。

これは、セロトニンの伝達に関連する情報が書き込まれた遺伝子なのだが、この遺伝子は、恐怖を強く感じるか、それほど感じないかを司る遺伝子だったのだ。

この遺伝子の組み合わせによって、人は恐怖を強く感じたり、それほど感じなかったりするのである。これが、人種によって違っているのが明らかになった。

image
世界では何かあると暴動や暴力や破壊が発生する。日本でも暴動が起きてもおかしくない案件が山ほどあるが、ほとんどの日本人は我慢する。

日本人は圧倒的なまでにSS型で占められている


「セロトニントランスポーター遺伝子」のタイプは3つあったのだが、この3つのタイプで恐怖を感じる度合いが違ってくるのである。

3つのタイプとは以下のものである。

LL型 恐怖に鈍感
SL型 恐怖に中立
SS型 恐怖に敏感

人種によって、どのタイプが多いのか分布がまったく違っていることが分かっている。恐怖に敏感なSS型が、その人種でどれくらいの割合で存在しているのかを調べたデータがあるようだが、それによると、以下のようになっていたという。

南アフリカ人 32%
ドイツ人 64%
インド人 67%
日本人 97%

日本人は圧倒的なまでにSS型で占められている。ほとんど全員がSS型と言ってもいいほどだ。

恐怖に敏感であるということは、悪いことのように見えるが、実は厳しい環境の中で生き残るためには欠かせない重要な要素である。

恐怖があるから、慎重になり、それゆえに生き残りやすい。また、環境の変化に敏感で、トラブルが起きる前に回避してしまう行動を起こすから、結果的に社会は安定したものになる。

つまり、優しい社会になる。

このSS型が世界で最も多いのが日本人であるとすると、日本人は、遺伝子レベルで優しさが組み込まれていたということになる。日本人の優しさは、先天的なものであり、天性のものだったのである。

image
2011年3月11日の東日本大震災という未曾有の震災に見舞われても、略奪も暴動も起きず、日本人同士で助け合った。震災よりも、日本人の態度に世界は驚いた。

集団で相手と対抗するというのは、重要な知恵だった


「セロトニントランスポーター遺伝子」のSS型が多いというのは、個体としては弱いということを意味する。

恐怖を感じやすいというのは、すなわち激しい主張、激しい暴力、激しい対立、激しい交渉は苦手だということだ。それは日本人の社会を見ても納得できるものがある。

諸外国の厚かましさは、日本人から見れば想像すらできない「野蛮な世界の住民」にしか見えない。

インド人はSS型が67%だから、優しい人も意外に多いように見えるが、日本人から見ると、そのインド人ですらも野蛮人か原始人のように見える人が多い。

それほど、日本人は優しい。

だから、この弱さを克服するために、いろいろな方法が日本では考え出された。集団を作り、常に集団で相手と対抗するというのは、その中でも最も重要な知恵だった。

個人と個人なら、どうしても勝てない。しかし、個人と集団であれば、集団の数が大きければ大きいほど勝てる。

日本人が集団で生きるのが当然のように考えるのは、逆に言えば集団でなければ勝てないことを自覚しているからだ。

この集団は、互いに気配りするために非常にまとまりが強い。長期に渡って、ひとつの目標に向かって進むことができる。だから、集団になった日本人は異常に強い。

集団になった日本人の強さは時に伝説を生み出すのは、日本人ひとりひとりが弱さを克服するための集団であることを意識しているからだ。

逆に言えば、集団から外れて、ただの個人となった日本人は、とても弱い可能性が高い。

日本に自営業の人が外国に比べて少ないのも、個人であることの弱さを認識しているからであると言える。

そんな世の中で、もし日本人のあなたが一匹狼として生きるのであれば、個体としての弱さを克服するために、何らかの知恵が必要になるということだ。

そうしないと、一方的にやられてしまう可能性がある。"

日本人が優しく、個人が弱いのは、遺伝子に原因があった? (via sqiz)

(via book-cat)

(via shibats)

"

実は日本でよく自己啓発本に見る書類の作成方法で 「結論から書け」「シンプルに論点をまとめて」というのは 極めてアメリカ的な小論文指導です。

イギリスでは逆に、遠まわしで、マニアックな単語を使って 1文をなるべく長く書いたほうが教養があると思われる。 なので、イギリス人にとってアメリカ人のシンプルな文章は 「こんちゃーす!俺、バカでーす!!!」という文章に見えてしまう。

"

「外資系」でくくる危うさ:アメリカの会社に行ったら、イギリスの英語も文化も通じなかった 外資系OLのぐだぐだ (via otsune)

(via shibats)